7, 2月 2016

高額療養費について把握しておく

LINEで送る
Pocket

給付限度額は所得によって異なる

また、高額療養費の給付限度額に関しては、その人の所得によって異なってきます。
ただ、健康保険の組合に加入していれば、さらに月に2万円を超えた医療費は還付してもらうことができるのです。
いずれにしても、自己負担額がどれだけ高額になった場合でも、健康保険に加入していればそこまで大きな負担額にはならないのです。

入院日額に注目する

保険選びで特に注目されるのが、入院日額です。
例えば、入院1日につき1万円の保障がされるなど、そういった入院日額はとても重要な要素だと言えます。
特に、医療費の自己負担であったり、健康保険の対象外となる雑費、そして入院によって得られなくなった収入など、いろんな入院日額の保障があるのです。

どういった保険が必要かを把握する

高額療養費についてはもちろんですが、まずは自分にとってどういった保険が必要なのか、そこをしっかりと把握しておくことが大事になってきます。
自分に合ったプランで保険を申し込まないと、万全の体制で保障を受けることができないのです。

安易にプランを決めないようにする

保険を選ぶ時には、必ずいろんなプランを比較するようにして、安易にプランを決めないようにしましょう。
1つのプランだけにとらわれてしまうと、それが自分にとってベストとも限らないので、結果的に選択を誤ってしまうかもいれないのです。

LINEで送る
Pocket