13, 3月 2016

少しでもいち早くがんを発見する

Buzz This
LINEで送る
Pocket

初期の段階では自分では気づきにくい

がんが発症しても、初期の段階ではほとんど症状が出なかったり、あるいは症状が出てもごく軽いものなので、風邪などと勘違いするケースが多いのです。
本来であれば、初期の段階でがんを発見できるのが理想的なのですが、がん検診を定期的に受けていないと非常に厳しいことなのです。

少しの違いで大きな違いがある

一方でがんの症状が次ぎの段階に行ってしまうと、一気に治る確率が低くなってしまうのです。
それも、あと数ヶ月発見が早ければ、まだいくらでも対策ができた可能性もあるわけで、少しの違いがとても大きな違いを生んでしまうのです。

年に1回はがん検診を受ける

ある程度の年齢になったら、年に1回はがん検診を受けるようにしましょう。
そうすることで、少なくとも手遅れになることは防げるのです。

Buzz This
LINEで送る
Pocket