26, 6月 2016

どれぐらいの保障額が必要になるのか

[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る
Pocket

基本的な保障額について

死亡保障の基本的な金額に関しては、今後家族が必要とされる支出から、現在の資産額を差し引いた金額が保障額となります。
例えば、今後1億円の支出が必要だと仮定した場合、資産額が6千万円だとすれば、4千万円が死亡保障額となるわけです。

死亡保障を把握しておけば保険選ぶのに便利

死亡保障を把握してけば、がん保険であったり医療保険を選ぶ際に、かなり便利になるのです。
現在契約している保険を見直すことになりますし、必要以上に保険料を支払うことも防げるのです。
保障がもちろん充実しているに越したことはありませんが、保険料の支払いで家計が圧迫されれば元も子もありませんから。

死亡保障を手厚くするかどうか

元々がん保険は、がん治療を目的とした保険なので、がん治療による保障は非常に充実しています。
ただ一方で、がんによって死亡した際の保障に関しては、あまり充実しているとは言えないのです。
もし死亡保障を手厚くしたいのであれば、医療特約に加入する方法があり、それならある程度の死亡保障を受けることができます。
ただ、どうしても月々の保険料の支払いは多くなってしまうので、じっくりと検討した上で考えるようにしましょう。

本当に必要な保険とは何なのか

未来のことを考えれば、保険の加入は必須とも言えるわけですし、必要な保険には加入しておくべきでしょう。
ただ、むやみに加入をしても、負担を大きくするだけですし、本当に必要な保険というのを考えるようにしましょう。

[`yahoo_buzz` not found]
LINEで送る
Pocket