がん保険と再発の可能性について

Buzz This
LINEで送る
Pocket

がんは、一度治療が終わってもまた再発してしまう可能性もあります。
その際に、がん保険によっては、再発してからも給付金を受けられるプランもあるのです。

いつ再発するか分からない

arcn1

一度がんに発症すると、またいつ再発するか分からないのです。
がんが転移している可能性もあり、そうなれば徐々に別の場所でがんが成長するかもしれないのです。
そうなってしまった時に、また治療費や入院費などをしっかりと保障してもらえれば、自分も家族も安心できるわけです。

多少保険料は高くなっても

もちろん、通常プランに比べると少し保険料は高くなるかもしれません。
ただ、多少保険料が高くなってしまったとしても、将来のことを考えれば再給付プランを検討してもいいかと思います。

条件面をしっかりとチェックする

もし上記のようながん保険に加入する場合は、条件面をしっかりとチェックしておきましょう。
初回のがん診断から最低でも2年以上経過していることが条件など、保険会社によっても条件が違ってくるのです。
できるだけ、条件面がよいプランに加入をして、安心して保障をしてもらえるようにしておきましょう。

がん保険における保険料と保障内容

がん保険を選ぶ時に、特に注目するのは保険料と保障内容でしょう。
基本的には、保険料が安いと保障内容も最低限となっていますし、保険料が高ければ保障内容も充実するようになっています。

安易に安いプランを選ばない

arcn2

日々の負担のことを考えれば、どうしても保険料の安いプランを選んでしまいがちです。
しかし、安易に安いプランを選んでしまうと、いざがんを発症してしまった時に、十分な保障を受けられなくなってしまう可能性もあるのです。
そうなれば、かえって大きな負担を強いられることになりかねないので、安ければいいわけではないのです。

保障内容が充実していても慎重に選ぶ

一方で、ある程度高い保険料がプランであれば、保障内容も非常に充実しています。
そのため、がんになった時のことを考えれば、そちらの方がいいように思えます。
ただ、それによって日々の生活が圧迫されてしまい、苦しい生活になっては元も子もありません。
先のことを考えることも大事ですが、毎日のことを考えることも重要なのです。
たとえ保障内容が充実していたとしても、慎重に選ばないといけないのです。

健康保険だけでは厳しい理由とは

がんになっても、健康保険に加入していれば安心と思っている人もいるかもしれません。
しかし、健康保険は給付される金額も限られていますし、何より高度先進医療ともなれば、健康保険の対象外になってしまうのです。
つまり、がんを発症してしまうと、健康保険だけでは厳しい現状があるのです。

がん保険なら十分なサポートを受けられる

arcn3

しかしがん保険であれば、給付金の多さはもちろんですが、高度先進医療もしっかりと対象となっているので、十分なサポートを受けることができるのです。
治療費はもちろん、入院している時の費用なども、しっかりと保障をしてくれるわけです。

保険料以上の価値がある

もちろん、がん保険に加入すれば毎月保険料を支払わないといけなくなります。
決してその負担は小さくはないかもしれませんが、保険料以上の価値ががん保険にはあるので、10年や20年後のことを考えれば、やはりがん保険には入っておくのがいいわけです。

まずはがん保険について調べてみる

もちろん、今すぐがん保険に加入しないといけないわけではなく、まずはがん保険についてネットなどで色々と調べてみるといいでしょう。

Buzz This
LINEで送る
Pocket